経費の分類方法をご紹介しています。

今回は、前回ご紹介した固定費と変動費の分類を使ってできることをご紹介します。

固定費と変動費(おさらい)

固定費と変動費の分類は、元々、製造業において、工場の操業度(製品を製造するためにどの程度工場を稼働するか)とコストとを紐づける分類ですが、製造業だけでなく、製造を行わない小売業・サービス業でも用いられます。

  • 固定費…操業度や販売量に関わりなく発生して金額が変化しないコストを「固定費」といい、従業員の固定給、減価償却費、家賃、リース料、保険料などが当てはまります。
  • 変動費…操業度や販売量に応じて金額が変化するコストを「変動費」といい、材料費、商品仕入、従業員の歩合給、販売にかかる発送費などが当てはまります。

損益分岐点分析

固定費と変動費の分類を使ってする経営分析で最も有名なものは「損益分岐点分析」です。

損益分岐点とは

損益分岐点とは、売上高と費用が同じになる売上高(または販売数量)のことをいいます。一般的には売上高を指すことが多いため、以後、売上高として話を進めます。

費用には、固定費と変動費がありますので、売上高と費用が同じになる売上高を式で表すと次のようになります。

(損益分岐点)売上高=固定費+変動費

限界利益とは

固定費は、フル稼働であろうと暇を持て余していようとかかるコストです。

したがって、

  • 売上高から変動費を差し引いた残りの利益=固定費で損益トントン ←このときの売上高が「損益分岐点」
  • 売上高から変動費を差し引いた残りの利益<固定費で赤字
  • 売上高から変動費を差し引いた残りの利益>固定費で黒字

となります。

この「売上高から変動費を差し引いた残りの利益」のことを、「限界利益」といいます。

いわゆる「粗利」(売上総利益=売上高-売上原価)はこれに近いですが、

  • 製造原価の中に工場設備の減価償却費が含まれている ←減価償却費は固定費
  • 販売費及び一般管理費の中に、発送費や販売手数料(売上高に比例して変動するコミッション)などが含まれている ←販売に比例して変動するコストは変動費

などの場合には、これらを加味しないと正確な分析ができません。

限界利益率・変動費率

限界利益率とは、限界利益の売上高に占める割合です。限界利益は売上高-変動費ですので、式で表すと次のようになります。

限界利益=(売上高-変動費)÷売上高

変動費率とは、変動費の売上高に占める割合です。式で表すと次のようになります。

変動費率=変動費÷売上高

変動費率を使うと、限界利益率は次のような式でも表せます。

限界利益率=1-変動費率

損益分岐点図表

損益分岐点というとこのような図をご覧になることが多いのではないでしょうか。

総コストが同じであっても、固定費と変動費を構成するものはそれぞれの会社や個人事業でまったく異なります。

こんなケースでも

固定費が大きく変動費率が小さい

こんなケースでも

固定費が小さく変動費率が大きい

総コストが同じであれば、営業利益の金額は同じです。

コスト削減=固定費の削減、ではなく、まずは自分の会社・事業の費用を変動費と固定費に分け、どちらのコストに手をつけるべきなのかを検討する必要があります。

◆◆◆

売上高から変動費を差し引いた残りの利益>固定費で黒字

すなわち、限界利益-固定費の金額が利益になるので、一定の利益を獲得するために必要な売上高を逆算することができます。

これについては、次回に続きます。

今日の花

キンギョソウ(ゴマノハグサ科、原産地:地中海沿岸)

花の形が金魚を連想させる(どうでしょう?)ことからこの名がついているそうです。ピンクのものの方が一般的で、そちらのほうが金魚は連想しやすいかもしれません。これも光の方向に向かって先端が曲がりますので、変な方向に曲がらないように、ちょっとかわいそうでしたが、暗めのところに置いておきました。写真を撮ったので、もう明るいところに飾り、好きなように曲がってもらおうと思います。先端まで、いい感じで咲きそうです。