変動か固定か-金利のことではありません。

経費の分類の方法の一つです。

経費の分類

「経費」と一口にいっても様々な種類があります。このため、経費の分類の方法にも様々な種類があります。

製造(商品)原価と販売費及び一般管理費

  • 製造原価…製造業において、製品を製造するために係るコストです。
  • 商品原価…卸売業、小売業において、商品を販売するために係るコストですが、基本的には、販売する商品そのものの仕入代が当てはまります。
  • 販売費及び一般管理費…製品や商品の製造・仕入以外の通常業務にかかる諸経費です。役員報酬、営業、総務等の従業員の人件費・旅費交通費、本社の建物・備品類の減価償却費・消耗品費などが当てはまります。

形態別分類

形態別分類とは、コストの発生原因と紐づけて分類する方法で、例えば次のような分類です。

  • 材料費…原材料費、買入部品費など(どんな材料を買ったかで分類する)
  • 人件費…賃金、雑給、賞与手当など(支払った相手や発生原因で分類する)
  • 経費…減価償却費(固定資産の費消から発生)、旅費交通費(人の移動から発生)、消耗品費(消耗品の費消から発生)など

機能別分類

機能別分類とは、コストが果たした機能・役割、コストを支出する目的と紐づけて分類する方法で、例えば次のような分類です。

  • 材料費…主要材料費、補助材料費など(材料の用途で分類する)
  • 人件費…直接賃金、手待賃金など
  • 経費…広告宣伝費、出荷運送費など(広告宣伝や出荷運送という業務・役割に関連する人件費、旅費交通費等を集約する)

直接費と間接費

上述した製造原価については、製品を製造するために直接かかるコストか間接的にかかるコストかの分類があります。

  • 直接費…製品を製造するために直接かかるコストをいいます。どの製品を作るために使われたかが明らかなコストであり、原材料費、製造に携わる従業員の人件費などが当てはまります。
  • 間接費…製品を製造するために間接的にかかるコストをいいます。どの製品を作るために使われたかが明らかでないという意味で、工場の事務に携わる従業員の人件費、工場建屋の減価償却費、水道光熱費などが当てはまります。

なお、直接費と間接費は一般的には製造原価について用いられる分類ですが、販売費及び一般管理費においても、例えば発送費等、販売単位に直接紐づくようなコストを直接費、それ以外のコストとを間接費と分類することもあります。

固定費と変動費

固定費と変動費の分類は、元々、製造業において、工場の操業度(製品を製造するためにどの程度工場を稼働するか)とコストとを紐づける分類ですが、製造業だけでなく、製造を行わない小売業・サービス業でも用いられます。

  • 固定費…操業度や販売量に関わりなく発生して金額が変化しないコストを「固定費」といい、従業員の固定給、減価償却費、家賃、リース料、保険料などが当てはまります。
  • 変動費…操業度や販売量に応じて金額が変化するコストを「変動費」といい、材料費、商品仕入、従業員の歩合給、販売にかかる発送費などが当てはまります。

固定費と変動費の分類は、細かく考え出すときりがありません。厳密に管理すればするほど、コストの削減には寄与しますが、「これまで意識していなかった」という場合には、まずはざっくりと次のように考えてみてはいかがでしょうか。

固定費…毎月(毎年)定額のコスト、月によってあまり変動しないコスト

月によってあまり変動しないコストには、例えば、事務用消耗品、旅費交通費、通信費、事務用水道光熱費などがあります。いずれもたまたま高いものを買った、出張が多かった、暑かったなどの理由で、毎月の変動はあるものの、理由がある月を除けばあまり大きな変化がないものです。

変動費…製品の製造/商品の販売1単位当たりに必ずかかるコスト、製品の製造/商品の販売が増えると附随して増えるコスト

固定費と変動費の分類ができると、経営分析にとって良いことがあります。

次回に続きます。

今日の花

バラ(バラ科、原産地:ヨーロッパ・アジアの温帯)

黄色いバラは、花言葉(嫉妬)のせいか、アレンジメントでもいけばなでもほとんど使ったことがありません。いけばなでは、初心者のうちは枝などと花の2種5本~8本くらいでいけるのですが、その量だと剣山が隠れないため、花には葉がついている必要があります。ただ、花屋さんで売っている花で大き目のしっかりした葉がついているのは、バラか菊…。菊は意外と葉が折れやすいので、バラを選ぶことが多くなります。赤もピンクもオレンジも使ったしな~、と黄色を買ってみました。紫の花を枝代わりにしてあわせていけたのですが、色の取り合わせは良く、とてもきれいでした。花言葉のせいで不遇なのでは…と思ってしまいました。