物を買う立場の側から見た、消費税の課税区分についてご紹介しています。

全体像(再掲)

分岐①課税対象取引かどうか?、すなわち、消費税がかかる取引かどうか?、の判定は、取引が次の4つの条件をすべて満たすかどうかを確認するものでした。

  1. 日本国内で行われた取引であるかどうか?
  2. 取引を行ったのは会社または個人事業主か?
  3. 代金(対価)としてお金を支払う取引かどうか?
  4. 物を買ったり、物を借りたり、サービスを受けたりした取引か?

これをすべて満たす取引は課税対象取引として次の分岐へ進み、そうでない取引は課税対象外取引として消費税のことは無視、ということになります。

今日は分岐②非課税取引かどうか?からご紹介します。

分岐②非課税取引かどうか?

非課税取引とは?

非課税取引とは、消費税がかかる取引となる4つの条件をすべて満たすものの、

  1. 物を買ったり、物を借りたり、サービスを受けたりする取引ではあるが、「消費」とはちょっと意味が違う取引
  2. 社会の誰しもに必要な取引であって、そこにまで税金を負担させるのは酷だよね、という取引

であることから、消費税がかからない、と法令で決められている取引のことを言います。

①「消費」とはちょっと意味が違う取引

「消費」という言葉には、何かを「使ってなくす」という意味が含まれています。

食べ物を食べればなくなる、物を買ったり借りたりして使えばいずれは壊れてなくなる、サービスを受けることであれば、その中で物を使ったり、人の労力を使ったりしています。

何かにお金を払うけれども、物を自分のために使うわけではなかったり、使ってもなくならないような物であると、「消費」とはちょっと意味が違う、ととらえられます。

具体的には、次のような取引が非課税取引とされています。

  • 土地を買うこと・借りること(土地は長く使ったからといって、なくなったり価値が下がるものではないから)
  • 株式を買うこと(株式を買うこと=会社に出資することだから)
  • 社債を買うこと、お金を貸すこと(貸したお金はあとで返ってくるから)
  • 生命保険、損害保険等の保険料(保険は、加入者がお金を出し合い、保険事故にあった加入者にそのお金の中から保険金を支払うという、お金が循環する仕組みであり、保険料はその仕組みの中にお金を払うことだから)
  • 社会保険料、労働保険料(上記と同じ理由)
  • 国や地方自治体等に支払う手数料(登記簿謄本、ビザ、印鑑証明等にかかる手数料。法令で決められた業務に限られます。支払う側に選択の余地がなく、サービスを受けるためには強制的に一定の料金を支払わなければならないから)
  • 印紙(国や地方自治体等に税金を支払うために買うものだから)
  • 切手(郵便料金を支払うために買うものだから)
  • 外国為替取引(海外への送金時の被仕向送金手数料など。国際的なルールに従う、ということのようです)

切手について

切手は買ったときに課税仕入(消費税がかかる取引)として処理している、というケースがほとんどだと思います。

国内郵便料金は4つの条件を満たすため消費税がかかります。このため、切手の料金には消費税が含まれています。しかし、厳密には、切手を貼って使ったときに消費税がかかる取引を行ったことになるため、切手を買うだけの取引は非課税なのです。

とはいえ、切手は頻繁に使うものですので、継続して、切手を買ったときに課税仕入として処理していればOK、という取り決めがあります。

②社会の誰しもに必要な取引

会社や個人事業にかかわる取引の中では、

  • 住宅(人が住むための家・部屋)の賃借料(社宅等)
  • 介護用品、身体障がい者用の商品の仕入(購入)

が挙げられるでしょう。

その他には、具体的には、次のような取引があります。

  • 医療費、介護サービス、助産(医師等による)
  • 火葬、埋葬
  • 学校教育関係の費用、教科書

まとめ

  • 非課税取引とは、消費税がかかる取引となる4つの条件をすべて満たすものの、「消費」とはちょっと意味が違ったり、社会の誰しもに必要な取引であるため、法令で消費税がかからない、と定められている取引
  • 非課税取引の具体例
  • 土地の購入・賃借
  • 株式の購入
  • 社債の購入、お金の貸し付け
  • 生命保険、損害保険等の保険料
  • 社会保険料、労働保険料
  • 国や地方自治体等に支払う、登記簿謄本、ビザ、印鑑証明等にかかる手数料
  • 印紙の購入
  • 切手の購入
  • 外国送金時の被仕向送金手数料
  • 社宅の賃料
  • 介護用品、身体障がい者用の商品の仕入(購入)

次回は、③免税取引かどうか?、をご紹介します。

今日の花

アワ(イネ科、原産地:不明)

初の原産地「不明」。アジアのどこなのかがはっきりしないようです。初夏になると、緑色の穂のものが花屋さんに出てきます。まっすぐな茎、パリッとした葉、つぶつぶとほわほわのある穂、どれもいい姿だなと思います。アワといえば昔の飢饉のときの食料というイメージが強く、健康食材としてアワなどの雑穀を食べたり、観賞用の切り花としてアワを見かけたりするのは、今はとても幸せな時代なんだと感じます。

1日1新

SuicaとVIEWカードをリンクしてオートチャージ設定

「1日1新」について詳しくはこちら

※編集後記は不定期掲載とします。