メモはプロジェクトペーパーに手書き→PDFにして保存、を続けてきた私が、ついにApple Pencilを購入しました。

iPadに手書きメモを取り、Evernoteに保存するわけですが、手書きメモをどのアプリで取るか、というのがまたいろいろあるわけです。

Evernoteの手書きスケッチ

Evernoteのノートには、手書きのスケッチ・メモを挿入することができます。

画像として添付されますが、画像をタップすれば編集可能ですし、同じノート内に挿入されるため、ノートを見ながらメモを取るという作業でもスムーズです。

しかし、どうも1画面以上の追加ができないようなのです。

打ち合わせメモですと分量が1画面ではすまないため、残念ながら、私の用途には不向きです。

Penultimate

Evernoteがリリースしている手書きメモアプリです(無料)。Evernoteとの自動同期が最大のメリット(特徴)といえます。

最初にPenultimate側でEvernoteのアカウントにサインインして連携させます。

あとは、EvernoteとPenultimateとで同じ名前のノートブックを作成しておけば、Penultimateで追加したノートがEvernoteの同じ名前のノートブックに同期されます。

Penultimate側で編集すると、Evernoteにもその編集が同期されます。

画面はこちら。

Appleのメモアプリ

Appleのメモアプリ(無料)にも手書き機能があります。

手書きメモと同じ画面でキーボード入力もできます。

Evernoteとの自動同期はできませんが、Evernoteのノートとして共有保存することは簡単にできます。また、一手間増えますが、PDFにしたのち、Evernoteのノートとして共有保存することも可能です。

意外と良いと思ったのが、Penultimateでは、Evernoteに保存したときにノートの罫線がそのまま見えますが、メモアプリではマス目が消えます。

Penultimateの場合、Todoリストなどのテンプレートがあり、ノートの罫線が消えては意味がないから当然なのですが、メモの内容だけを残したい場合は、マス目が消えるのは見やすいです。

Evernoteに保存するとマス目が消える。

Noteshelf2

有料(買い切り1,200円)のメモアプリです。

かなり多彩な機能がありますが、自分に直接関係あるところに限ると、

  • Evernoteとの自動同期
  • Evernote、Google Driveなどにノートを保存可能(PDFかPNG)
  • ノートブックのカバー、ノートの罫線の種類、ペンや色などが非常に豊富
  • キーボード入力を挿入できる
  • テンプレートを作成できる
  • 図形の自動補正(フリーハンドで描いた図形が補正される)がある

などが特徴としてあげられます。

画面はこちら。

ペンの種類

蛍光ペン

キーボード入力

どれを使う?

Noteshelf2を使っていこうと思います(有料アプリですし…)。

書くことと、Evernoteへの共有だけであれば、PenultimateやAppleのメモアプリでも足りるのですが、決め手になったのは次の理由です。

  • Appleのメモアプリに対し、Noteshelf2は「ノートブックとノート」というEvernoteと同じ構造になっておりわかりやすい
  • ノート(ページ)の追加、ノートの保存など、操作のプロセスがわかりやすい(メモアプリは操作がシンプルすぎて、空白のメモばかり増えてしまうし、アプリを開いたときに最後に編集していたメモが表示されるのもわかりづらい)
  • Noteshelf2はペンや消しゴムの選択メニューが画面上部にあり、自分にとって使いやすい
  • (上の3つはPenultimateでも当てはまるが)Penultimateと比較すると、Noteshelf2の方が書きやすい
  • テンプレートを作成・利用できる

Noteshelf2は、テンプレートを使いこなすだけでもかなり使い道が増えそうですので、少しずつ試していこうと思います。

大事なのは、メモを何にとるか、ではなく、何をメモに取ってどう使うか、なんですけどね。

今日の花

ワトソニア(アヤメ科、原産地:南アフリカ)

この花は初めて見ました。いけたときは茎は細いし蕾ばかりで地味な印象でしたが、蕾がだんだんに咲いてきて華やかになってきました。この花の色と形。何かに似ていると、いけている間中ずっともやもやしていたのですが、写真を撮っているときに「お寿司屋さんで出てくる紅ショウガ(ガリ)だ」と思いつきました…。

編集後記

Apple Pencilを使うのは、なんだか格好をつけているようでものすごく抵抗があった(今でも実は完全には拭えていません)のですが、先日、外出先で見かけた方(見ず知らずの人ですが)が、とても楽しそうにiPadとApple Pencilを使っているのを見て、「やっぱり使おう」と決心しました。使ってみると、メモがすぐに電子データになるのはやはり楽です。ただ、ペン先がタブレット画面にあたる音がどうしてもするので、お客様の前で使うとき、気になる方は気になるかなあ、と少し心配です。