個人事業でなじみのある主な地方税について、賦課期日(いつが課税の基準となるか?)や経費になるかどうかなどの取扱い取り上げています。

自動車税

概要

その年の4月1日時点で自動車を所有する人が都道府県に支払う税金です。

税率

自動車の種類、大きさ、用途(自家用か営業用か)によって税額が決まっています。

なお、ここでいう営業用とは自動車運送事業のことですので、店舗等を営む個人事業の方が配達用に車を所有する等の場合は、自家用となります。

大きさは、普通車は排気量、トラックは積載量、貨客兼用車(バス、ライトバンなど)は乗車定員が基準となっています。

納付の方法と納期

納税通知書がご自宅に届き、5月末までに(都道府県により異なる場合があります)一括で支払います。

経費になる?

必要経費になります。

取得・廃車・名義変更のとき

4月1日より後で自動車を取得したり廃車にしたりする場合は、月割りでの課税となります。

売却などで名義変更する場合は、4月1日時点の所有者が納税義務を負い、納税が済んでいないと売却できません。

還付の制度はありませんが、中古車店へ売却する場合は、買取額に加味されることはあるようです。

自動車取得税

概要

自動車を取得した時に、都道府県に支払う税金です。

税率

自動車の取引価格に税率を掛けます。

税率は、自家用自動車が3%、営業用自動車・軽自動車が2%です。

納付の方法と納期

新規登録等の際に、自動車税事務所(軽自動車は全国軽自動車協会)に申告して支払います。

取得価格?経費?

自動車の取得にかかったコストですので、原則として自動車の取得価格に含めますが、支払ったときの経費とすることもできます。

環境性能割

自動車取得税は、2019年9月末で廃止され、新たに「環境性能割」という税金が導入されます。

自動車の環境性能に応じて自動車税に付加される税金ということですが、納付は新車の取得時、税率は普通車で最大3%と、現行と変わりはないようです。

ゴルフ場利用税

概要

ゴルフ場を利用する人に対して、利用日ごとに定額でかかる都道府県税です。

税率

ゴルフ場のホール数や利用料金等により等級が定められており、等級ごとに税額が決まっています。

経費になる?

経費になります。

勘定科目は、接待で利用した場合は「接待交際費」、(あまりないかもしれませんが)従業員全員参加のゴルフコンペといったレクリエーションであれば「福利厚生費」となります。

なお、個人事業の方が「接待交際費」としてゴルフ代を必要経費とするには、単なる付き合いではなく、事業のための必要性が求められることには注意が必要です。

消費税

税金ですので、課税対象外となります。

ゴルフ場の利用料金はもちろん課税取引ですので、明細を確認して、別々に処理する必要があります。

納付方法

東京都では次の方法があります。

  • 銀行、コンビニ等で納付書で支払い
  • クレジットカード
  • ペイジー(インターネットバンキング)
  • 自動引き落とし

クレジットカード払い

クレジットカード払いについては、専用のサイトがあります。

納税通知書・納付書に記載されている「納付番号」「確認番号」「納付区分」が必要となります。

カード払いが可能なのは100万円までで、手数料がかかります。

手数料は、1万円まで73円、5万円まで365円、以降10,000円増えるごとに73円増えます。100万円では7,300円となります。100万円支払うことは滅多にないでしょうが。

5万円で365円なら、出かける時間や待ち時間を考えたら、それほど高くないように思います。

(金額はすべて消費税別、2019年2月7日現在。)

ちなみに、神奈川県では2019年1月から、LINE Payが使えるようになったそうです。

おわりに

個人事業になじみのある地方税について取り上げました。

「いついくら税金を払わなければいけないのか?」というのは気になるところですが、このような切り口でまとめてみると、主だったものだけでも、時期はばらばら。

集中収納システムみたいなものができたらいいのにと思いますが、まあ、難しいでしょうね…。

今日の花

バラ(バラ科、原産地:ヨーロッパ・アジアの温帯)

「バラはきれいだから、どういけたってきれいに見えるでしょ」とある人から言われたことがありますが、そうでもないです。花の向き、葉の付き方、茎の曲がり(バラはまっすぐな方ですが)。必ず最も美しく見える向きがあります。それを探しているときの自分の気持ちは、何かと戦っているときの気持ちに似ています。こんなところにも負けず嫌いが出ているのかもしれません。