会社を設立したり、個人事業を開業したりして、ビジネスがスタートしてから上がった売上や使った経費は、もちろん、会社や個人事業の売上や経費となります。

では、会社を設立する前や、個人事業を開業する前にかかった経費はどうすればよいでしょう?

開業前の経費の取り扱い:会社の場合

会社の場合、開業前にかかる経費は、そのかかった時期によって2つに分けられます。

  • 設立登記までにかかった経費→創立費
  • 会社設立から事業の開始までにかかった経費→開業費

創立費・開業費の会計・税務処理

創立費・開業費の会計処理・法人税の税務処理をまとめました。

会計 法人税
創立費 原則:支払った期に全額経費とする

容認:会社設立から5年以内の期間で、月割で一定額を経費とする

任意(支払った期に全額経費としてよい)
開業費 原則:支払った期に全額経費とする

容認:開業から5年以内の期間で、月割で一定額を費用とする

任意(支払った期に全額経費としてよい)

会計では、

  • 長年にわたって事業の役に立つものについては資産としておき、少しずつ経費にする
  • そうでないものは、さっさと経費にする

という考え方がありますので、上記の処理はこれを反映したものになっています。

税務では、「償却限度額」といって、一事業年度のうちに経費にすることが認められる上限金額が定められています。創立費と開業費の「償却限度額」は、「繰延資産の金額」とイコール(ただし、以前の年度に経費にした金額があればそれは差し引く)と決められており、「何年以内」という制約もありません。

したがって、支払った期に全額経費にしてもいいし、何年かに分けて経費にすることもできます。

創立費・開業費の範囲

創立費・開業費に含まれる経費の内容は、会計と法人税法とで扱いが異なる部分があります。

会計 法人税
創立費 発起人に支払う報酬、定款等の作成にかかる費用、設立登記の登録免許税など 会計と同じ
開業費 土地・建物の賃借料、広告宣伝費、従業員の給料、水道光熱費、旅費交通費など 広告宣伝費、旅費交通費、調査費、接待費などで開業準備のために特別にかかった経費に限る

法人税では、上記のとおり、創立費・開業費をいつでも税金計算上の経費にすることができます。このため、ある程度内容に制約をつけておかないと、利益操作(ある事業年度の経費を意図的に増やして税金を減らす)が可能になります。

このため、創立費については、会社の設立登記までにかかる費用は限られるため会計と扱いに差がありませんが、開業費については、会計よりも範囲が狭くなっています。設立~開業までにかかった土地・建物の賃借料、従業員の給料などについては、支払った事業年度に経費としなければなりません。

開業費に含まれないもの

  • 固定資産
  • 前払費用
  • 仕入

については、開業費に含めることはできません。

開業前の経費の取り扱い:個人事業の場合

個人事業の場合は、設立手続はありませんので、開業までにかかった経費である「開業費」のみとなります。

会社の「開業費」との違い

会社の「開業費」では、土地・建物の賃借料、従業員の給料などは「開業費」とすることはできず、支払った事業年度に経費としなければなりませんでしたが、個人事業の場合は、これらも含めて「開業費」とすることができます。

なお、

  • 固定資産
  • 前払費用
  • 仕入

について、開業費に含めることができない点は会社の場合と同じです。

いつの日付で記録する?

会社設立前には会社は存在しません。また、個人事業も開業日から事業年度がスタートします。したがって、

  • 創立費→会社設立日
  • 開業費→(会社・個人とも)開業日

にかかった経費として記録します。1件ごとに記録するのが原則的な方法ですが、別途内訳明細を作っている場合には、まとめて記録することもできます。

今日の花

パイナップルリリー(ユリ科、原産地:南アフリカ・熱帯アフリカ)

パイナップルに形が似ていますが、まったく別物です。緑色のつぶつぶ一つずつが蕾で、花が咲く、はずです(あまり咲く気配が感じられません…)。パイナップルに見た目はよく似ているのに、茎も花の部分もとても柔らかく、ちょっと不思議です。

2019年7月23日追記

花が咲きました!私も初めて見ました。中が紫色できれいです。ただ、上の方まで咲くのは厳しそうです…。

1日1新
~1日1つ、何か新しいことをする試み

某インターネット銀行の口座開設完了