従業員の福利厚生の一つとして、退職金制度を導入したいと考える会社もあるでしょう。

代表的なものである、

  • 一時金制度
  • 中小企業退職金共済(中退共)
  • 養老保険

について、以前ご紹介しました。

関連投稿:「従業員に退職金を支給したいと思ったら」

今回は、同じく退職金制度として導入できる「iDeCo+(イデコプラス)」についてご紹介します。

国としては推しの制度ですが、実際に導入するとなると、ハードルは高そうです。

(iDeCo+とは?の前に)iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo+とは、文字通り、iDeCoにプラスする制度ですので、まずは、iDeCoについて簡単にご紹介します。

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことです。

「個人型」とは、個人が任意で加入する年金です。

「確定拠出年金」とは、あらかじめ決まった掛金を支払い、その掛金を元手に加入者自身が預貯金、投資信託等で運用し、掛金と運用収益の合計額で将来受け取る年金の金額が決まる年金制度です。

  • 支払う(=拠出する)掛金の金額が決まっている(=確定している)こと
  • 掛金を元手とした運用の成果によって将来受け取る年金の金額が変わること

が特徴です。

iDeCoの加入資格

iDeCoは、誰にでも加入資格があります。ただし、

  • 会社で企業型年金に加入している場合は、その規約でiDeCoへの加入が許可されていること
  • 1人当たりの掛金の限度額

等の条件があるため、実際にiDeCoに加入できるかは、本人の状況により異なります。

掛金の限度額をまとめた表です。

対象者 月額
自営業者 月額68,000円(国民年金基金または国民年金付加保険料と合算で)
会社員・公務員等 会社に企業年金がない 月額23,000円
企業型確定拠出年金に加入 月額20,000円
確定給付年金と企業型確定拠出年金に加入 月額12,000円
確定給付年金のみに加入
公務員等
会社員・公務員等に扶養される配偶者 月額23,000円

iDeCo+(イデコプラス)とは?

iDeCo+とは、iDeCoに加入している従業員に、会社が掛金を追加して支払うことができる制度です。

このようなイメージです。

制度導入のメリット

従業員と会社には次のようなメリットがあります。

従業員

  • 自分の負担なく掛金を増やせるため、将来受け取る年金の金額が増える(可能性がある)

会社

  • 従業員に上記のメリットを感じてもらえると、人材獲得やつなぎとめに役立つ(可能性がある)
  • 会社が支払う掛金は損金(税金計算で利益から差し引くことができる経費)になる

iDeCo+を導入できる会社の条件

iDeCo+を導入できる会社の条件は次の通りです。

  1. 従業員がiDeCoに加入していること(iDeCo+の導入に合わせて新たに加入するのは可)
  2. 従業員が 100 名以下であること
  3. 企業型確定拠出年金を実施していないこと
  4. 確定給付企業年金を実施していないこと
  5. 厚生年金基金を実施していないこと
  6. 労働組合または、労働組合がないときは従業員の過半数を代表する者に同意を得る(労使合意をする)こと

iDeCo+では、会社だけが掛金を支払うことはできず、従業員が支払う掛金に会社が上乗せする制度ですので、従業員がiDeCoに加入していることが前提となります。

企業規模や年金制度の実施状況については、クリアしているかどうかの判別は簡単ですが、⑥の労使合意のあたりから難しくなってきます。

次回に続きます。

今日の花

アフリカンブルーバジル(シソ科、原産地:インド・熱帯アジア)

原産地に記載したのは代表的な品種のもので、アフリカンブルーバジルは交配種のようです。バジルのいい香りはしましたが、「食べられませんよ」と花屋さんに言われました。食用のバジルの葉と比べると、たしかに食用の方が厚みがあり、形も丸いです。くたっとなりやすいのが難ですが、香りがする植物はいいものです。

1日1新
~1日1つ、何か新しいことをする試み

6/28 WordBoard

6/29 セゾンファクトリー あまなつゼリー

6/30 もへじ 冷や汁の素