生まれて初めて証券投資を始めました。つみたてNISAです。

NISAとは

NISA(NIPPON Individual Savings Account)とは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行うための非課税制度です。証券会社にNISA口座を開設すると、そこで投資した株式や投資信託等から得られる配当金・分配金や譲渡益(売却した時のもうけ)にかかる所得税が非課税となります。

関連投稿:「株を売った税金のこと」「配当金にかかる税金のこと」

イギリスで約4割の国民が個人の資産形成のために利用していると言われているISA(Individual Savings Account)をモデルに作られた制度です。

非課税期間は5年、投資可能期間は2014年~2023年の10年間です。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、2018年1月にスタートした、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

証券会社にNISA口座を開設し、一般NISA(上述)とつみたてNISAのいずれか一方を選択します。つみたてNISAで投資した金融商品から得られる分配金や譲渡益(売却した時のもうけ)にかかる所得税が非課税となります。

つみたてNISAは、長期の資産形成を促すことを目的としているため、一般NISAといくつか異なる点があります。

対象商品

対象となる金融商品は、公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、かつ、次のような条件を満たすこととされています。

  • 手数料、信託報酬が低水準
  • 信託契約期間が長期
  • 分配金が頻繁に支払われない

非課税期間・投資可能期間・非課税投資枠

非課税期間は20年、投資可能期間は2018年~2037年の20年間です。

非課税投資枠は、新規投資額が毎年40万円、投資可能期間20年間(2018年~2037年)の累計で最大800万円となります。

投資可能期間中(2018年~2037年)に購入した金融商品については、買ったときから20年間、分配金や譲渡益(売却した時のもうけ)にかかる所得税が非課税となります(非課税期間)。非課税期間が終了すると、つみたてNISA口座に保有していた金融商品は通常の課税口座に払い出されます。

なお、つみたてNISAは非課税ですので、つみたてNISAに関する確定申告は不要です。

つみたてNISAを始めるには

つみたてNISAを始めるには、まず、証券会社に証券口座を開く必要があります。その後、NISA口座の開設を改めて申し込むことになります。

つみたてNISAの場合、対象となる金融商品が限定されているため、手数料などの条件の違いで証券会社を選ぶというよりも、購入したい商品を取り扱っている証券会社を選ぶ、という方向になるのではないかと思います。あとは、サポートの手厚さやポイントサービスなどの付帯サービスには、証券会社ごとに違いがあると思います。

私は、サポートにもポイントにもあまりこだわりがなく、某ネット証券会社を選んでみました。

ちなみに、1年単位で証券会社を変更することは可能です。

インターネットから申し込みを行います。身分証明書とマイナンバーがわかる画像データをアップロードし、数日で口座は開設できました。

その後、インターネットからNISA口座の開設を申し込むと書類が届きますので返送します。NISA口座は1人1口座と決められているため、書類受領後、証券会社にて所轄の税務署に確認を行います。これに約2週間、時間がかかりました。

つみたてNISAで投資スタート

まずは、金融商品を買うためのお金をNISA口座に入金する必要があります。

私の選んだネット証券会社では、まず、自分の普通預金の口座から証券口座にお金を移し、そこからNISA口座にお金を移します。主要都市銀行にてインターネットバンキングの口座を持っていれば、普通預金口座→証券口座への入金は、インターネット上で手続ができます。

普通預金口座→NISA口座へ毎月定額を振り替え、自動で積立投資を行う設定をすることも可能です。

あとは、積立を開始するだけ。

長期積立投資の場合、高値の時にも安値の時にもまんべんなく購入することから、自動的に分散投資となると言われており、ポートフォリオは株式100%でもよいようです(諸説あります)。あとは、投資先を日本のみにするか海外も含めるか、インデックスファンド(日経平均等に連動するもの)にするかアクティブファンド(目標利回りに達するように投資する銘柄をファンドにて選定するもの)にするか、といった違いが出てきます。

さて、どんな成果になることやら・・・。

おわり。

今日の花

カンガルーポー(ハエモドルム科、原産地:オーストラリア)

「ポー」とは「かぎ爪のある足」という意味で、見た目がカンガルーの前足に似ていることからこの名がついています。起毛しているところが本物ぽくてかわいいです。