この1年のこと

開業して早1年が経ちました。

幸い、ご紹介などもいただき、開業当初から顧問契約を結んで仕事を依頼してくださるお客様に恵まれました。

領収書などをお預かりし、入力して、月に一度お会いする。もしくは、お客様が入力なさったデータを確認し、メールで質問にお答えしたり、気づいた点をお伝えしたりする。会計・税務システムの変更はしたものの、税理士事務所に勤めていた頃と(勤務時間を除いては)あまり変わらない日々でした。

その一方で、このまま開業税理士としてやっていけるのか不安でしたし(今でも不安ですが)、自分がこれからどういう税理士になりたいのか、どういう人のために働きたいのか、どういう風に生きていきたいのか、ということはずっと曖昧なままでした。たとえ「こうありたい」と思っても、生活していくこと(要はお金を稼ぐこと)との両立は考えざるを得ないし。

それでも、新しい経験や、新しいお客様との出会いを経て、はっきり見えてきたものはありました。

自分は、税理士の仕事を通して、誰かのために働くことが好きだということ。

税理士は、今でもAIに取って代わられるなどと言われていますので、3年後、いや1年後には今とは違ったものになっているかもしれず、自分のめざす姿もその時々によって変わっていくのだと思います。

それでもきっと根本では変わらない、私の「好き」がどこかの誰かに届くように。

そんな気持ちでブログを始めてみたいと思います。

花とともに

「花と綴るひとり税理士の日常」って何だよ?とお思いになったかもしれません。

税理士とはまるで縁のなさそうな「花」ですが、私にとってはとても大切で身近なものです。

10年前からフラワーアレンジメントを習っていますが、監査法人に勤務していた頃、生活のほとんどすべてが仕事だった私にとって、フラワーアレンジメントは「ワーク・ライフ・バランス」の「ライフ」の最後の砦として死守してきたものでした。

開業してからはようやく時間ができて、長年の念願だったいけばなを習い始め、今はフラワーアレンジメントよりも夢中で、何としてでも長く続けたいと思うものになっています。

経済的にはまあまあ厳しいので、外食を控え、おやつを控え、不要不急の外出を控え、と、いろいろ控えてはおります。。。

ともあれ、毎日私の暮らしの中にある花たちに、ブログを続ける伴走者になってもらうことにします。

私の「好き」がどこかの誰かに届くように、季節の花たちとともに、私の好きなこと・書きたいことー例えば、仕事でしている工夫、 個人的に気になったニュース・税務・会計の話、私の事務所のホームページには書きづらい個人的なことなどなどーを自由に綴る、そんなスペースにしていきたいと思っています。

おわり。

今日の花

テッポウユリ(ユリ科、原産地:日本)

お稽古のときは蕾でしたが、家で開花しました。いい香りがしました。