住民税の税額決定通知がお手元に届いているかと思います。

先日、私の元にも届きまして、

「そういえば、ふるさと納税したんだっけ」

と、通知書を眺めると、「寄附控除」として記載されている金額がありました。でも、なんだか、実際にふるさと納税した金額に比べて小さい気がする…。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。

「納税」という言葉がついてはいますが、実際には都道府県・市区町村への「寄附」となります。したがって、所得税及び住民税の基本的な寄附金控除(所得から寄附額が差し引かれる制度)が適用されるとともに、ふるさと納税として住民税の特例的な控除を受けることができます。

ふるさと納税の税金に対する影響

ふるさと納税をすると、所得税(国に納める税金)と住民税(お住いの自治体に納める税金)について、控除を受けることができます。

例えば、10,000円、ふるさと納税をしたとします(所得税の税率は5%とし、復興特別所得税は考慮しない)。

所得税の減税額(所得控除):(10,000円-2,000円)×所得税率(5%)=400円 …(A)

住民税の減税額(基本分:税額控除):(10,000円-2,000円)×住民税率(10%)=800円 …(B)

住民税の減税額(特例分:税額控除):10,000円-2,000円-(A)400円-(B)800円=6,800円 …(C)

10,000円ふるさと納税をすると、(A)400円+(B)800円+(C)6,800円=8,000円、国とお住いの自治体に税金を納める額が少なくなり(かわりに寄附先の自治体の収入になっている計算)、残り2,000円は自己負担となります。

所得控除と税額控除

所得税や住民税は、所得(給料の収入や事業で得たもうけ)から、本人や家族の状況によって定められた金額や、一定の項目に対して支払った金額を差し引いて課税所得を計算します。所得から差し引く金額を「所得控除」といいます。

本人や家族の状況によって定められた金額の例には、基礎控除、扶養控除、配偶者控除などがあり、一定の項目に対して支払った金額の例には、社会保険料控除、生命保険料控除、医療費控除、寄附金控除などがあります。

課税所得に税率を掛けて税額を計算しますが、計算した税額から一定の金額を差し引き、最終的な税額を計算します。税額から差し引く金額を「税額控除」といいます。

ふるさと納税の場合、所得税では「所得控除」、住民税では「税額控除」として取り扱われます。

ふるさと納税した金額VS実際の控除額

ふるさと納税をした場合の住民税の減税額の特例分には、住民税所得割の20%という上限があります。

例えば、もろもろの計算をした結果、課税所得が50万円だったとします。

住民税所得割の税率は10%ですので、住民税所得割の金額は、

500,000円×10%=50,000円

となります。

調整控除による税額控除(東京都の場合2,500円)がある場合は、それを差し引いた金額の20%が住民税の減税額の特例分の上限となりますので、上限は、

(50,000円-2,500円)×20%=9,500円 …(D)

となります。

上記の例のように、10,000円ふるさと納税をした場合は、特例分の金額が6,800円ですので、

(C)6,800円<(D)9,500円

で、6,800円が全額控除されます。「寄附控除」として納税通知書に記載されるのは、(B)800円+(C)6,800円=7,600円で、10,000円のうち2,000円は自己負担ですので、残りの8,000円と比べて、違和感のない金額になります。

しかし、20,000円ふるさと納税していた場合は、

所得税の減税額(所得控除):(20,000円-2,000円)×所得税率(5%)=900円 …(E)

住民税の減税額(基本分:税額控除):(20,000円-2,000円)×住民税率(10%)=1,800円 …(F)

住民税の減税額(特例分:税額控除):20,000円-2,000円-(E)900円-(F)1,800円=15,300円 …(G)

となり、

(G)15,300円>(D)9,500円

で、9,500円が控除額となります。「寄附控除」として納税通知書に記載されるのは、(F)1,800円+(D)9,500円=11,300円となり、20,000円のうち自己負担2,000円を差し引いた残りの18,000円と比べると、「ふるさと納税した金額と比べて小さい気がする」ということになるわけです。

私の場合がまさにこのパターンでした。

でもいいんです。寄附なので。

おわりに

予想していなくはありませんでしたが、寄附金控除の金額が「ふるさと納税した金額と比べて小さい…」気がしたため、検算してみました。

過度な返礼品が問題となり、制度が変わりました。制度から除外されることを回避するため、地場の製品をふるさと納税の返礼品にしようと自治体の方が探し回り、そのことが地場の製品の掘り起こしにつながるケースもあるように見受けられます。

もともとは、自分の生まれ育った故郷などに貢献しようという制度ですし、地場の製品が注目される機会が増えるのであれば、制度改定も悪くないのではないでしょうか。

今日の花

フィリカ コットンブッシュ(クロウメモドキ科、原産地:南アフリカ)

白い花が起毛していて綿のように見えるので「コットンブッシュ」です。南アフリカ、オーストラリア原産の植物を3回続けて投稿しましたが、総称して「ワイルドフラワー」と呼ばれたりします。乾燥している土地で生きているせいか、水分が少なめで、もともとドライフラワーのような質感のものが多いです。いけばなやアレンジメントでは花材の取り合わせの際に植生も考慮しますが、ワイルドフラワーに関しては、個性が強くて、ワイルドフラワーどうしを合わせるのがいいような気がします。

編集後記

東京には全国各地のアンテナショップがあります。昨日、通りがかりに三重県のアンテナショップに立ち寄りました。「三重県て真珠?」くらいの知識しかなかったのですが、海産物、松坂牛、お茶、ごま、お菓子、お酒などなど、さまざまな製品が数多く並べられていて驚きました。アンテナショップめぐり、楽しいかも。

1日1新

6/14 ゆびまくら
6/15 達人シリーズのプログラムを1つ新規導入
6/16 ホンマタカシの写真、三重テラス

「1日1新」について詳しくはこちら