「1日1新」を始めます。

「1日1新」とは

「1日1新」とは、「1日1個、意識して、新しいことをやっていく」ということで、ひとり税理士の井ノ上陽一先生が提唱(?)といいますか、おすすめしておられるものです。

私もひとり税理士ですので、ひとり税理士の先駆けである井ノ上先生からは、ブログ、メルマガ、セミナー、ご著書などを通じて勉強させていただいており、ブログを始めたのも、井ノ上先生がきっかけです。

「1日1新」も頭の片隅にはずっとあったのですが、なかなか実行に移せずにいました。

他のひとり税理士の方でも「1日1新」を記録している方はいらっしゃるのですが、自分も「みんなやっているから」とただ何となく始めるのでは、マネしている、流れにのっかっているようで、自分の中でひっかかっていたのと、「それって人が読んでおもしろいの?」という疑問があったためです。

(その前に)「編集後記」を始めた理由

2019年5月2日(令和初)の投稿から「編集後記」を書き始めました。

昨年末ごろのことですが、私のブログを読んでくれた知人が、「自分の色がない」という感想をくれました。そのころは、税務・会計やニュースに関するトピックが8割、自分に関するトピックは2割(週1回程度)でしたので、たしかにテーマとして「自分」は出づらく、また、どのように「自分」を出せばいいのかよくわからなかったため、こわごわ書いていました。

まずは本文でなく、「今日の花」のコーナーに書く文章の分量を少し増やしましたが、内容は「花」に関するものにとどめておかないと何のコーナーだかわからなくなってしまう、と考えました。

となると、記事本文で自分の色を出さざるを得ず(当たり前と言えば当たり前ですが)、徐々に自分のことや自分の考えに関するトピックを増やしてきました。

そのうえさらに「編集後記」を始めたのは、

  • もっと自分の素の部分が出せる枠を作ってみたら、少なくともそのコーナーは気楽に書けるかも、と思った
  • 他の方のブログの「編集後記」が、素の人柄が感じられておもしろい

からです。

そして今日から「1日1新」コーナーを始めます。

「1日1新」を始める理由

「1日1新」を始めよう、と思ったきっかけは、「気楽に書けるかも」と始めた編集後記に、先週金曜日(5月17日)、早くも「書くことがない」と行き詰ったからです。

元々私は人混みや行列が苦手なので、用事がなければできるだけ出かけずにすませることを考えます。

出かけないときに、家で新しい映画やドラマを見たりするかといえばそうではなく、映像で見るのは野球とニュース。音楽は聴きますが、好きなミュージシャンの曲を繰り返し聴くだけと、出かけなければほぼ変化のない生活です。

試しに、先週の月曜~金曜の1週間で何か新しいことをしたかな?と考えてみたらこんな感じでした。

5/13(月)…なし(終日事務所)

5/14(火)…なし(終日事務所)

5/15(水)…初めて行くレストランに行った(お客様と一緒になので、自発的ではない)

5/16(木)…アセビのピンクの花を初めて見た(お客様との打ち合わせ先の近くでなので、自発的に出かけたわけではない)

5/17(金)…なし(終日事務所)

えええ、と思いましたが、振り返るとこんな生活をずっと続けているように思います。

「これはまずい。何かしら自分で動かねば。」とさすがに危機感を抱き、「1日1新」がこれを打破する一つにきっかけになれば、と思ったわけです。

また、新しいことを探して実行することで、ブログのテーマを見つけるアンテナの訓練になればな、とも思っています。

「1日1新」のマイルール

始めるにあたって、井ノ上先生が掲げておられるルールに自分のルールを加えて、マイルールを決めました。

井ノ上先生のルールはこちらの4つです。

  1. 1日1つ以上新しいことをやってみる
  2. やったことは記録する
  3. 新しいことは、ちょっとしたことでもいい、お金を使わなくてもいい
  4. 公表できる

(井ノ上陽一先生ブログ「EX-IT~AI時代の雇われない雇わない生き方」2013年12月19日付「初日は「あかすり」!1日1つは新しいことを体験する「1日1新」」より)

この4つに、自分が加えるルールは次の3つです。

  1. できるだけ「人が読んでおもしろいように」
  2. 前日の1日1新
  3. 先延ばしにしない

①できるだけ「人が読んでおもしろい」ように

「それって人が読んでおもしろいの?」という自分の疑問に、「やっぱりおもしろくない」という答えを自分が出さないように、できるだけしたいです。

例えば、元々が出かけない人間なので、放っておくと「コンビニで○○を買った」が「1新」として続いてしまいそうなので、そうならないようにしたいと思います(そのモノに、ためになるコメントが付けられればいいのでしょうが)。とはいえ、無理はしたくないので、たまには出て来ると思います。

ただし、いけばなやフラワーアレンジメント関係の「1新」は、私の最大の関心事なので、おもしろくなくても書きます。

②前日の1日1新

ブログは午前中更新を目標にしているので、前日の1日1新を書いてきます。

土日祝日も、ブログは休みますが1日1新は続けますので、月曜日や祝日明けの投稿でご紹介したいと思います。

③先延ばしにしない

ブログに書くために、「今日はもう新しいことをしたから、これは明日に回そう」という、「1新」の先延ばしはしません。やりたいこと・やるべきことは、やりたい時・やるべき時にやったうえで、1日1つ、新しいことをしたいと思います。

◆◆◆

さて、どうなることやら。ちょっと楽しみです。

今日の花

ギボウシ(ユリ科、原産地:東アジア)

薄紫の花が咲きますが、花は1日でしおれてしまうそうで、葉が使われます。20センチくらいの大きな葉ですが、いけばなではこの時期おなじみの花材です。「1日1新」がテーマなのでお初の花を、で、これは、と思ったのですが、念のため確認したら、7年前に1度だけ、アレンジメントで使っていました。まあ、ほぼ初、ということで…。葉脈が渦のように浮き出た様子が他の葉にはなかなかなく、おもしろい花材です。

編集後記

昨日はいけばなの研究会(月1回のテスト)でした。点数は良かったのですが、自分では残念な出来でした。制限時間50分で、時間ぎりぎりになってしまい焦ったためか、練習ではできていたところがすっぽり抜け落ちているわ、審査の後で見返したら自分でも二度見するほど花を詰め込みすぎているわ。練習でできていたことが本番でできないのは、身についていない証拠。まだまだ修行が足りないです。

1日1新

剣山起こし(床に落として曲がってしまった剣山の針を直すために…。めちゃくちゃ簡単にきれいに直りました!)