会社を設立したい。あるいは、個人事業を法人化したい。

そんなときに気になるのは、

  • 会社を設立するのにいくらくらいかかるのか?
  • 自分でもできるのか?

ではないでしょうか。

結論としては、自分でもできます。

ただし、専門家に依頼するケースが多いのは、それなりの理由があります。

会社を設立するために必要なこと

一般的に「会社を設立する」というと、株式会社または合同会社になりますが、設立手続の流れはおおむね次のとおりです。

  1. 会社の重要事項の決定
    →商号、事業目的、本店所在地、資本金、機関設計、事業年度などを決め、「定款」にまとめる
  2. 定款の認証(株式会社のみ)
    →公証人に定款を認証してもらう(公証役場に出向く、または電子申請)
  3. 登記申請書類の作成
    →法務局のホームページに書式あり
  4. 資本金の払い込み
  5. 登記申請
    →法務局に出向く、郵送、または電子申請

会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用としては、

  1. 登録免許税
    →資本金の7/1,000。ただし、株式会社15万円、合同会社6万円が最低金額。
  2. 定款認証費用(株式会社のみ)
    →5万円、電子定款でない場合は+収入印紙4万円。
  3. 専門家に支払う報酬

があります。このうち、①登録免許税と②定款認証費用(株式会社のみ)は、必ずかかる費用ですが、③専門家に支払う報酬については、自分で手続を行えば0円になりますし、インターネット等で安価な報酬で委託できる専門家やサービスを探せば、金額を抑えることができます。

専門家に依頼するメリット

書類の作成が大変

定款にせよ、登記申請書類にせよ、記載例があるとはいえ、自分でそれらを検索し、見ながら作成するとなると、それなりに時間がかかります。

特に、定款には事業目的を記載しますが、それらしい言い回し、というのはあるもので、自分の事業に即した記載例を見つけるのはなかなか難しいです。事業目的は、会社の登記簿謄本に記載され、誰でも閲覧することができますので、取引先等が見た場合に違和感を感じるようなものではよくありません。また、定款の事業目的に定めのない事業を行う場合には、定款の変更が必要となり、それには手間も手数料もかかります。専門家に話を聞いてもらい、文章におこしてもらうことで、将来の事業展開も含むような幅があり、対外的にも相応な事業目的を定款に定めることができます。

書類作成のための時間と手間の節約会社にふさわしい定款の作成ができる、というメリットがあるといえます。

申請手続が大変

定款認証にしても、登記申請にしても、個人が自分で電子申請することは可能です。ただし、専用のソフトをダウンロードする必要があったり、電子署名が可能なソフトを購入する必要があったりと、それなりに手間もコストもかかります。

書面での申請を行うとすると、公証役場や法務局(出張所)に出向く時間が必要ですし、定款認証については、電子申請の場合と比較して印紙代4万円が余計にかかります。

申請手続のための時間、手間、コストの節約、というメリットがあるといえます。

やることが多い

会社を設立する場合には、設立手続と並行して、新たな事業のための準備も行う必要があります。例えば、オフィスを探す、ホームページや名刺の準備、人の募集などがあるでしょう。個人事業を法人化する場合には、個人事業の業務を平常通り行う必要もあります。

慣れない書類の作成・準備と並行してこれらを行うのは大変です。手続面は専門家に委託することで、自身は新しい会社の準備に専念できる、というメリットがあるといえます。

ワンストップ化?

会社の設立手続と、その後必要となる税務(国税・地方税)、社会保険、労働保険、雇用保険の手続に関して、「マイナポータル」を介して一括して手続できる仕組みの構築が進められており、2020年度中に、法人設立に関するすべての手続のオンライン・ワンストップ化の実現を目指すとされています(「法人設立手続に関するワンストップサービスの提供に向けて」平成30年2月、内閣官房(日本経済再生総合事務局、番号制度推進室)、総務省、法務省、国税庁、厚生労働省)。

これが本当に実現すると、会社設立の手続はがらりと変わり、かなりシンプルになる図式ですが、果たして実現するのでしょうか…。

当面は、会計ソフトが提供しているサービス等を利用する、のもありかもしれません。

参考として、2つ、リンクを掲載しておきます。

会社設立freee(別のウィンドウが開きます)

マネーフォワード会社設立(別のウィンドウが開きます)

今日の花

パラノムス(ヤマモガシ科、原産地:南アフリカ)

またもやくすんだ色合いの、変わった形状の花を投稿します。こういうのが好きなんですね、きっと。「ワイルドフラワー」とくくられる花の一つです。ごつごつした葉に似合わずふわふわとしている花がかわいいですね。下の方に見える灰色がかった丸いものは、蕾のようなのですが、咲くのかなあ…。

1日1新
~1日1つ、何か新しいことをする試み

7/12 ハッピーターン えだ豆味

7/13 GOMES THE HITMAN

7/14 インターメディアテク

7/15 京橋エドグラン