最近、「ESG(投資)」という言葉をよく聞きませんか?

ESG投資とは

ESGとは、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」の3つの英単語の頭文字を組み合わせた造語です。

企業に投資する際、これまではキャッシュフローや利益率などの財務情報が主に使われてきましたが、それに加え、非財務情報であるESG要素を考慮する投資を「ESG投資」といいます。

ESGに関する要素はさまざまです。例えば、次のようなものがあります。

「E」は地球温暖化、水資源、生物多様化など

「S」は女性の活躍、従業員の健康など

「G」は取締役の構成、公正な競争など

ESGという言葉が知られるようになったのは、2006年に国連が機関投資家に対し、ESGを投資プロセスに組み入れる「責任投資原則」(PRI、Principles for Responsible Investment)を提唱したことがきっかけです。

責任投資原則

責任投資原則冒頭の国連事務総長からのメッセージに、責任投資原則の理念が表現されています。

持続可能な発展は世界の優先課題です。国連事務総長として、持続可能性は最優先事項であり、その実現に当たり、投資家は欠くことのできないパートナーです。

最近まで、投資家や金融市場に持続可能性問題が及ぼす影響はほとんど理解されておらず、大部分が看過されていました。国連が支持する責任投資原則(PRI)は、環境、社会、ガバナンス(ESG)課題と金融業界の関係に光をあて、安定的で持続可能な金融システム構築に寄与するフレームワークを世界の投資業界に対し提供することで、これまでの看過をあらためることに貢献しています。

出典:「責任投資原則」国連事務総長からのメッセージ

ESGという社会的な課題を解決することにより、企業には事業機会が増加し、資金が必要になるため、投資家には投資機会が増加する。企業への投資が増加すれば、企業はその投資を元手にさらに事業を拡大することができる。

このような循環によって、経済が持続的に発展していく仕組みを生み出すことができる、という考え方が根底にあります。

責任投資原則に賛同する機関投資家(生命保険会社、信託銀行、年金基金等、大量の資金を使って株式や債券で運用を行う大口の投資家)はこれに署名します。

日本でも、厚生年金及び国民年金の年金積立金の管理運用を行う機関である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2015年に署名しているほか、全部で67機関(2018年11月30日現在)が署名しています。

責任投資原則は次の6項目からなります。

1.私たちは投資分析と意思決定のプロセスにESG課題を組み込みます。

2.私たちは活動的な所有者となり、所有方針と所有習慣にESG問題を組入れます。

3.私たちは、投資対象の企業に対してESG課題についての適切な開示を求めます。

4.私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。

5.私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。

6.私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

出典:「責任投資原則」

機関投資家には、受託者責任といって年金受給者の利益に反しないように運用を行う責任がありますが、責任投資原則に署名した機関投資家は、これに反しない範囲で、これらの原則を実行することを約束することになります。

ESG投資の可能性

ESG投資の可能性、つまるところ、ESG投資はもうかるのか?という点については、「まだわからない」というのが実情ではないかと思います。

そもそも投資はリスクがあるものです。

特にESG投資の場合、環境や人といった課題を解決しようとするわけですから、新技術の開発、新素材への移行、組織作り、人のマインドチェンジなど、それぞれ時間がかかります。時間とお金をかけて、企業と企業が依拠する社会の課題をクリアして成長する過程を長期的な視野で見ていく必要があります。

それでも、各社がこぞって環境への対応などを打ち出してきている現状を踏まえれば、それをしない企業の株価はおそらく下がり、何らかの対応を迫られるでしょう。このような競争の原理はすでに生まれてきているのではないかと思います。

インデックスの必要性

企業のESGへの取り組みを測るためには、正しいインデックス(指標)を使う必要があります。

例えば、女性の登用でいえば、役員の数だけ見るのではなく、その人たちが本当に力を発揮できるようにしたり、周りの男性の意識を変えていったりする、女性の登用を支える方針や施策が行われているかという観点からも測ることができるインデックスが必要だと思います。

著名なインデックスの一つに、MSCI指数というものがあります。MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が算出・公表する指数の総称で、様々な観点から指数を設計し、公表情報に基づき、企業にスコアを付けます。指標の内容やスコアが高い企業のリストはホームページ上で公開されています。

ESG投資を実践

私が先日証券口座を開いた証券会社にも、ESG関連のファンドがありました。残念ながらつみたてNISAには対応していませんので、通常の投資信託として保有する必要があります。

日本株のみの投資、日本を含むグローバルの投資の両方があります。値動きの推移が掲載されていますが、いずれもまだ比較的新しいファンドで、長期的な実績は見えない状況です。

元手を絞り、日本株を対象としたファンドを1つ購入してみることに。ファンケル、昭和シェル石油、ソニーなどの銘柄が組み入れられていました(2018年8月末時点)。

長期投資でどうなるのか、見守っていきたいと思います。

今日の花

サンゴミズキ(ミズキ科、原産地:シベリア)

枝の木肌が赤く色づきます。クリスマスカラーですね。柔らかくためがきくので、かなり自由に湾曲させられます。丸くしてリースベースにすることもできます。それだけでもかわいい。