前回、電子納税(紙の納付書を銀行等に持ち込むのではなく、インターネット等で税金の支払いをする方法)について、

  • 電子納税の方法
  • 国の税金と地方公共団体の税金による電子納税の方法の違い

についてご紹介しました。

関連投稿:完全電子化のチャンス到来?(前編)

2019年10月1日から「地方税共通納税システム」がスタートします。これにより、地方公共団体への納税がどのように変わるかをご紹介します。

  • 法人の税金(国の法人税・地方法人税・消費税、地方自治体の法人事業税・地方法人特別税・法人都道府県市町村民税)
  • 税理士に申告業務を委託している

場合を前提とします。

地方公共団体の電子納税の現状(2019年6月28日現在)

地方公共団体の電子納税の現状が不便な点としては、次の3点が挙げられます。

  1. 対応している地方公共団体が極めて少ない
  2. ダイレクト納付はできない
  3. ソフトウェアのインストールが必要

①対応している地方公共団体が極めて少ない

2019年6月13日現在、法人事業税・法人都道府県民税、法人市町村民税の電子申告に対応している地方公共団体1,788のうち、電子納税に対応しているのは22のみと、わずか1.2%にとどまっています。

②ダイレクト納付はできない

ペイジーを利用する際は、インターネットバンキングのウェブサイト(またはATM)で、収納機関番号、納付番号、確認番号、納付区分の入力が必要です。これらの入力情報は、税理士から提供してもらう必要があります。

これに対し、国の税金で導入されているダイレクト納付は、事前に税務署に銀行口座の届出が必要ですが、登録後は、eTaxのウェブサイトでのクリック操作だけで納税が完了するため、とても簡単です。

③ソフトウェアのインストールが必要

「PCdesk」というソフトウェアをPCにインストールすれば、ダイレクト納付に近い形で納税することもできます。

しかし、ソフトウェアをインストールする必要があるということは、そのパソコンでしか手続できないということです。インターネットブラウザで操作できれば、出張先等でも対応でき、利便性が上がります。

地方税共通納税システム

これらを解決するのが、2019年10月1日からスタートする「地方税共通納税システム」です。

導入後はこうなります。

現状 地方税共通納税システム
対応する地方公共団体 22 すべて
ダイレクト納付 不可
ソフトウェアの要否 必須ではないが、ダイレクト納付に近い形で納税したい場合は必要 不要(PCdesk(WEB版)で納税可能)

完全電子化できるかどうか?

システムはこれで整います。

では、実際に電子納税を使っていただけるようになるかどうかは微妙です。その理由は、次の通りです。

  1. 銀行口座の登録に抵抗がある
  2. 通常業務で銀行窓口を利用している

①銀行口座の登録に抵抗がある

私の説明の仕方なのかもしれませんが、ダイレクト納付のご説明をし、税務署に銀行口座の届出が必要なのですが、という話に進むと、「そこまでは…」と躊躇されるパターンが多いです。

抵抗がある、のかもしれないし、「届出を出すなんて、やっぱりなんだか面倒くさそう」という判断に流れる、のかもしれません。

②通常業務で銀行窓口を利用している

通常の仕入代金や給与の支払等のために定期的に銀行窓口へ行っていたり、銀行の担当者が来てくれる会社であれば、紙の納付書を他の支払と一緒に銀行窓口へ持っていったり、銀行の担当者に渡せばいいので、その方が楽です。納税だけ、インターネットで行わなければならないのは不便でしょう。

逆に、支払をすべてインターネットバンキングで行っていれば、納税だけ銀行へ行かなければならないのは不便であり、ダイレクト納付やペイジーで納税できれば便利、となります。

会社の通常の支払い手段がどの程度電子化しているかによって、電子納税を便利ととらえられるか否かは左右されるように思います。

それでもおすすめしたいケース

社長お一人の会社や社長が自ら経理をなさっている会社には、それでも電子納税をおすすめしたいです。

納税に限ったことではなく、通常の支払いのために銀行へ行くのは、社長の時間がもったいないと思います。

インターネットバンキングはたしかに月額料金がかかりますが、社長が銀行窓口やATMに並んで1件1件支払をする時間や「銀行に行かなきゃ」と気にするストレスをお金に換算して比べたら、インターネットバンキングの利用料の方が安い、というのが私の持論です。

支払手段がインターネットバンキングに変わったら、電子納税は便利です。

完全電子化は、インフラを変えるところから。まだ、時間がかかりそうです。

今日の花

エリンジウム(セリ科、原産地:ヨーロッパ・アメリカ大陸)

丸い形をしているのは小さな花の集まり、花の根元にえりのようについているギザギザしたものは苞(花の根元につく葉)です。枝分かれしている部分などに茎をぐるりと囲むようについているのが葉で、こちらもギザギザしています。花や苞が青紫色のものもよく見かけます。独特の形がおもしろいです。

1日1新

ART FACTORY 城南島

「1日1新」について詳しくはこちら