貸借対照表の1項目である「繰越利益剰余金」についてご紹介しています。

前回、繰越利益剰余金は、会社が設立以来上げてきた利益・損失の累計である、というところまでご紹介しました。

今回は、繰越利益剰余金とお金との関係、会社の価値(企業価値)を測る上での位置づけについてご紹介したいと思います。

お金との関係

前回の例では、すべての取引が現金だったとしたので、1年終わった段階では、繰越利益剰余金と同じ金額の現金が残りました。

しかし、通常そのようなことはなく、売上や仕入には掛取引が行われます。

例えば、前回の例の売上50,000、仕入20,000、給料10,000のうち、売上10,000が掛取引で、1年が終わるタイミングでまだ代金を回収していなかったとします。

このときの当期の利益は、前回と同じく、売上50,000−仕入20,000−給料10,000=20,000となります。

当期の売上=販売したもの≠代金回収したもの

1年間の利益は、1年間の会社の事業活動の成果を表すものです。

このとき、事業活動の成果を示すのは、代金の回収ではなく、販売行為の完了(出荷または納品)と考えます。

代金の回収は、先方の都合や金融機関の営業日などにより変動する可能性がありますし、代金の回収は販売行為に付随するものと見れば、販売行為の方を重視すべきと考えられます。

したがって、売上が現金取引であっても掛取引であっても、損益計算とその結果である利益の金額は変わりません。

売上10,000が掛取引であった場合の貸借対照表はこうなります。

このように、掛取引がある場合には、繰越利益剰余金と同じだけのお金があるとは限りません。

会社の価値

会社を売り買いする場合などに、会社の価値を評価する方法はいくつかありますが、その1つに、純資産価額方式があります。

純資産価額方式とは、資産から負債を差し引いた純資産の金額をもって会社の価値を評価する方法です。

実際の評価の際には、資産と負債は貸借対照表に計上されている金額そのままを用いるのではなく、時価、売却価値、回収可能性等を勘案し、評価し直して金額を求めます。

とはいえ、そのような複雑な計算をしなくとも、繰越利益剰余金の金額がどれだけあるか、どのような推移で増減しているかは、会社の価値を測る目安となります。

繰越利益剰余金は過去の損益の累積ですので、黒字続きの会社であれば、繰越利益剰余金はどんどん増えていきます。

お金と直接イコールの金額ではなくとも、売上が上がれば売掛金が増え、回収したお金で商品を仕入れたり設備投資をすれば、資産の金額が増加します。正常な取引先であれば売掛金は短期間でお金になりますし、適正な在庫量で回転している商品であれば、こちらも短期間で販売されてお金に変わります。

繰越利益剰余金が多ければ、少なくとも、過去から業績が良く、資産の内容も良いと推測されます。

逆に赤字が続くと繰越利益剰余金はマイナスになります。資本金の金額よりもマイナスが大きくなった(この時点では、当初資本金として会社が持っていたお金はなくなり、どこかからお金を借りているはずです)状態が「債務超過」です。

債務超過になれば、通常、銀行から新規の融資が受けられなくなりますので、会社の状況としてはかなり危険ということになります。

おわりに

繰越利益剰余金は、会社が設立以来上げてきた利益・損失の累計です。

これ以上でも以下でもありませんが、次のような見方ができます。

  • 必ずしもお金とイコールではないが、繰越利益剰余金の大小は、会社の価値を測る目安となる
  • 繰越利益剰余金が大きい→過去から業績が良く、お金や将来の売上につながる良好な資産を持っている可能性が高い
  • 繰越利益剰余金が小さい→業績が悪く、繰越利益剰余金のマイナスが資本金を上回る状態(債務超過)に陥っていると、会社の状況はかなり危険

今日の花

アスター(キク科、原産地:中国北部・朝鮮半島北部・西チベット)

同じキク科ということで、小菊によく似ていますが、アスターの方が花びらの先に丸みがあって洋風に見えます。1本の枝にたくさん花がついていてお得感があります。ピンクや紫のものを見かけることが多く、こちらのような深みのある赤はちょっとめずらしいかなと思います。映っている花の濃いめの赤と少し明るめの赤、映っていませんが、つぼみから開いた小さな花はピンクに近い薄い赤と、1本で3色の花が楽しめました。

編集後記

事務所のある大森駅の近くに、五十番のテイクアウトの店舗ができました。以前勤めていた監査法人(飯田橋)の近くにお店があり、その頃は料理も食べられましたが、今は中華まんの販売だけになったようです。しかも、現在、飯田橋には「本店」と「総本店」、大森の店は「元祖」(「本店」の系列のようです)と、ややこしいことに。勤務時代、中華まんを事務所に買って帰ったことはさすがにありませんが(においが迷惑なので…)、なんとなく懐かしくて、あたため済みの中華まんを1つ買って食べました。中華まんを食べること自体ものすごく久しぶりで、おいしかったです。が、道をはさんだ向かい側には、ものすごく古いのにいつも人が入っている中華料理屋さん、1軒置いた隣には飲み屋さん風中華料理屋さん(夕方になるとお惣菜を売っている)がある小さな激戦区。中華まんだけでもつのか、中華まんだから強みがあるのか、注目しています。

1日1新

Bearでブログの下書き

「1日1新」について詳しくはこちら