これまで縁がなく避けてきたこのものたちですが、無料相談でお持ちになる方も増えているようで…。まとめておこうと思います。後編の仮想通貨です。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上でやりとりできる財産的価値であり、「資金決済に関する法律」において、次の性質をもつものと定義されています。

  1. 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  2. 電子的に記録され、移転できる
  3. 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

(日本銀行ホームページ>公表資料・広報活動>日本銀行の紹介>教えて!にちぎん>銀行券(お札)と貨幣(硬貨)>「仮想通貨とは何ですか?」より)

課税の対象

税金がかかるものは、確定した(実現した)損益です。

損益が確定する、主なケースを挙げておきます。

取引所での売却(換金)

取引所で仮想通貨を売って換金したとき、買ったときの値段より高く売れれば利益が出て、安く売ったら損失が出ます。

他の仮想通貨に交換

通貨の交換は、元々持っている仮想通貨を売って、別の仮想通貨を買うことになります。

買った仮想通貨が、元々持っていた(売った)通貨よりも高ければ利益が出て、安ければ損失が出ます。

仮想通貨で商品等の代金を支払い

交換と似ていますね。元々持っている仮想通貨を売って、商品等を買うことになります。

買った商品等が、元々持っていた(売った)通貨よりも高ければ利益が出て、安ければ損失が出ます。

マイニング

ビットコインの取引をチェックし、承認作業を行うことをマイニングといい、一番最初にマイニングに成功した人に、仮想通貨が報酬として与えられます(ものすごく簡略化してます)。

与えられた仮想通貨はその時の時価で計上し、そこからかかった費用を差し引き、損益を計算します。

「仮想通貨FX」(!)なるものもあるそうです。これについても決済したタイミングで損益が確定し、利益が出れば税金がかかります。なお、前編でご紹介した、申告分離課税を適用できるFX取引の対象商品に仮想通貨は含まれていませんので、FXであっても、課税方法は他の仮想通貨取引と同じ扱いになります。

確定申告方法

  1. 所得の種類 … 雑所得
  2. 課税方法 … 総合課税
  3. 損益通算 … 複数の仮想通貨取引の中での損益の相殺は可
  4. 税率 … 累進税率
  5. 損失の繰り越し … 不可

①所得の種類

所得は、利子、配当、不動産、事業、給与、退職、山林、譲渡、一時、雑の10種類に分けられています。

仮想通貨取引の所得は、通常「雑所得」に該当します。その名のとおり、他の9種類の所得に含まれない所得がすべて含まれます。

②課税方法

仮想通貨の所得は、雑所得にせよ事業所得にせよ、「総合課税」という課税方法で税額を計算します。

「総合課税」とは、総合課税で計算すると定められた所得を合計して課税所得を計算する方法です。

例えば、給料、不動産賃貸の所得、個人事業の所得などは総合所得が適用されるものであり、仮想通貨取引で所得を得た場合は、それらの所得と合計します。

③損益通算

損益通算とは、各種所得金額の計算上生じた損失のうち一定のものについてのみ、一定の順序にしたがって、総所得金額等を計算する際に他の各種所得の金額から控除することです。

仮想通貨取引が含まれる総合課税の雑所得は、上記の「一定のもの」に含まれていないため、損が出ていても他の所得(給与など)と相殺することはできません。

ただし、複数の仮想通貨取引があり、益が出ているものと損がでているものとは相殺することが可能です。

④税率

総合課税の税率は、課税所得の金額によって、段階的に変わります。課税所得が大きいほど、税率が高くなる累進税率です。

⑤損失の繰り越し

仮想通貨取引が含まれる総合課税の雑所得は、損失を翌年以降に繰り越すことはできません。

これさえあれば?

平成30年分の取引については、仮想通貨取引所から投資家に対して、共通様式の年間取引報告書が送付されるとのことです。

仮想通貨取引業には金融庁の登録が必要なため、このような規制ができるのですね。

さらに、国税庁から提供されているExcelのフォームに、年間取引報告書の数値を入力すると、仮想通貨の所得金額を「簡単に計算できる」(Excelフォームにそう書いてある)そうです。

国税庁ホームページ「「仮想通貨関係FAQ」の公表について」へリンク(別のウィンドウが開きます))

ほんとかしら…。年間取引報告書がある、というのは朗報ですが。

残念ながら、私は仮想通貨の取引を行っていないため、簡単に計算できるかどうかの真偽は確かめられません。

わけがわからないものにはできるだけ手を出したくない、というのが本音ですが、何でも身をもって体験してみたい気もする…。

超簡略版、仮想通貨の所得税でした。

今日の花

アストランティア(セリ科、原産地:中央・西ヨーロッパ)

可憐な、というのがぴったりな花です。茎が細くくねっているところと、花の独特な形が特徴的です。アレンジメントやブーケに少し入ると雰囲気が出ます。私にとっては頼りになる花です。