お金を払って買う世の中の物やサービスの多くには、消費税がかかっています。

本体(税抜)価格+消費税のものはわかりやすいですが、税込価格になっていると、余り意識していないものもあるかもしれません。

ビジネスを始めると、所得税や法人税の納税のほか、消費税の納税のことを考える必要が出てきます。

消費税のしくみ

消費税は、日本国内で、物を買ったりサービスを受けたりすることに対してかかる税金です。

消費税を最終的に負担するのは、最終消費者、つまり、一人一人の個人です。

それはこのような仕組みです。

会社や個人事業主が材料や商品を仕入れたり、オフィスを借りたり、電気や水道を使うときには、消費税を払います。

他方、これらを使って物を作って売ったり、サービスを提供するときには、物やサービスに消費税をのせて、売る相手から受け取ります。

そして、(商売を営んでいない)消費者である個人が、自分のために物を買って使ったり、サービスを使うことが、物やサービスのゴールになります。

消費者である個人は、物やサービスとあわせて消費税を支払うだけで、どこからも受け取ることはありません。

国(と地方自治体)に消費税を納めるかわりに、お店に支払っている、ということになります。

会社や個人事業主が受け取る消費税は、消費者から預かっているにすぎません。一人一人の消費者個人が国に納めるかわりに、会社や個人事業主が国に納めているのです。

納税する消費税の計算方法

ごく単純にいうと、次のような計算です。

販売のときに受け取った消費税−仕入や経費のために支払った消費税

会社や個人事業主の単位で、受け取ったものと支払ったものを相殺します。

原則的な計算方法は、販売のときに消費税をいくら受け取ったか、仕入や経費について消費税をいくら支払ったかを、1つ1つの取引ごとに記録するやり方です。

このとき、

  • 1つ1つの取引について金額まで記録する方法
  • 消費税の有無・税率のみ記録して月ごとに消費税の金額を出す方法

があります。

免税事業者とは?

  • 売上が1,000万円以下だと消費税を払わなくていい
  • 会社を設立して2年間は消費税を払わなくていい(2年間でない場合もあります)

という話を聞いたことがあるかと思います。

「事業者免税点制度」といって、小規模な会社や個人事業主は、

販売のときに受け取った消費税−仕入や経費のために支払った消費税

の計算をして国に消費税を納める、ということをしなくてよい、という制度であり、この制度の適用を受ける会社や個人事業主が免税事業者です。

免税事業者が課税事業者になると、損益やお金にどのような変化があるか、次回に続きます。

今日の花

サンダーソニア(ユリ科、原産地:南アフリカ)

ベルのような形の花が特徴的です。オレンジ色が夏らしいですが、実際、夏にかけて見かけることが多いように思います。もともと上に向かって伸びるのですが、なぜか、いけばなでは水平に近い角度にかたむけて使うことがあります。茎の周りに不規則に花がついているので、横にたおすと、かっこよく見せるのがとたんに難しくなります。いけばなは植生を大事にするというのに解せぬ、と、納得いかない気持ちでお稽古しました。

1日1新
~1日1つ、何か新しいことをする試み

TRAINIART TOKYO